内容証明の作成は、実績と信頼の内容証明クリエイトにお任せください!!

モバイルサイト>>内容証明クリエイトMB
内容証明クリエイトでは、完全オーダーメイドの内容証明を作成いたします!!

内容証明の書き方 ~ 専門家によるアドバイス ~

 内容証明を活用するためには、まずは内容証明の書き方を知らなければなりません。

 内容証明を作成する際には、以下のような決まり事があります。

  内容証明を差し出す際には、内容文書1通、謄本2通を添える必要があります。

  謄本の字数には3パターンの制限があります。

  パターン1

    1行20字以内(記号は1個が1字となります。以下も同様です。)、1枚26行以内で作成します。

  パターン2

    謄本を横書きで作成する場合、1行13字以内、1枚40行以内で作成します。

  パターン3

    謄本を横書きで作成する場合、1行26字以内、1枚20行以内で作成します。

     ※ 「横書き」の場合、上記2パターンの内、いずれかの方法で作成します。

 間違いがあった場合、郵便局で受付をしてくれませんので、せっかく内容証明を作成して、郵便局の窓口へ行ったのに、また出直しというケースもあります。

 以上の決まり事を守り、内容証明郵便3通を作成したら、後は郵便局の窓口に提出して、手続きは終了となります。

 なお、郵便局に提出する内容証明郵便3通の内訳は以下のとおりです。

   ・ 1通目  相手方に送達されます。

   ・ 2通目  郵便局に保管されます。

   ・ 3通目  ご自信で保管する分として返還されます。

 郵便局に提出する際には、「配達証明付」で送達することをお勧めいたします。

 配達証明を付けますと、内容証明を、いつ、誰が受け取ったということが、後日、ハガキに記載されて送付されてきますので、確実に内容証明が配達されたことの証明となります。

 さて最後に、内容証明を作成する際には、次の4点についても注意をしてください。

  ① 事実を正確に書くこと

  ② 相手方への主張、要求を明確に書くこと

  ③ 文章は簡潔に書くこと

  ④ 余計なことは書かないこと

 以上の要件などに注意をして内容証明を作成します。

 内容証明を初めて作成する場合などには、やはり専門家への依頼を推奨します。

 「自分一人で書くのは不安」・「内容証明を書く時間がない」・「どのような事を書いていいのか解らない」などの事情がございましたら、経験豊富な内容証明の専門家に任せて頂ければ、安心かつスピーディーです。

>>内容証明クリエイトの実績

内容証明の基本3プラン

エコノミープラン

スタンダードプラン

プレミアムプラン

各業務別の専門プラン

クーリングオフプラン

エステ中途解約プラン

敷金返還・原状回復トラブルプラン

交通事故プラン


安田行政書士事務所

安田行政書士事務所の運営サイト

 在留資格 | 就労ビザ  | 配偶者ビザ | タイ国際結婚 | ビザ申請 | 内容証明郵便

 千葉パスポート申請 | クーリングオフ | 訪問販売クーリングオフ | エステ中途解約

 車庫証明 | 契約書 | 行政書士の雑談

ページTOPへ